フリーパスで5倍以上お得に遊具(アトラクション)を制覇しよう

グリーンランド フリーパス(イメージ)

グリーンランド フリーパス(イメージ)

アトラクション数日本一のグリーンランドを楽しむなら「フリーパス」チケットが断然おすすめですが、

先に、この「フリーパス」をおすすめしにくいケースを紹介します。

  • アトラクションはほとんど利用するつもりがない。
  • 滞在時間が短い(2時間未満目安)。
  • 特設ステージの催し物や現金遊具を中心に楽しむ。
  • 乳児(とても小さい子供)を同伴する。

上記のどれかにあてはまるなら回数券の必要枚数(金額)を考えたうえで判断しましょう。

 

グリーンランドの各種料金(2017年7月現在)

+++当日入園料+++

おとな(高校生以上) 1600円

こども(中学生以下)  800円

シニア(65歳以上)  800円

※2歳以下のこどもは無料

 

+++(フリーパス)※入園料別途必要+++

おとな(高校生以上) 3800円

こども(身長120cm以上中学生以下) 3600円

リトル(3歳以上身長120cm未満) 2500円

シニア(65歳以上) 2500円

 

+++(回数券)※入園料別途必要+++

1枚   110円

30枚 3000円

※アトラクションごとに身長や年齢による利用制限あり

※2歳以下のこどもは無料、但し同伴保護者は有料

 

 

このグリーンランドをたくさん楽しむなら「フリーパス」チケットが絶対にお得です。普通に遊ぶ程度ではもちろんのこと、絶叫マシンが苦手でも、半日程度の利用でも、雨が降っていても(7割程度のアトラクションが雨天利用可能です)きっと元を取ることができます。

その日の混雑具合にもよりますが、普通の休日程度でしたら、少し体力は要りますがほぼすべてのアトラクションを制覇する(回数券なら2万円分以上に相当)ことができそうです。

 

大部分のアトラクションの待ち時間は基本ゼロから5分未満です。

大人気の絶叫マシン「恐竜コースター「GAO(ガオー)」 「ミルキーウェイ織姫・彦星」 「NIO(ニオー)」 「ウルトラツイスター メガトン」 「スターフライヤー ゴクウ」 「ドラゴンリバー」などでも1時間も待たされることはめったにありません。

連休や春休み・夏休み期間であっても、千葉県のDランドや大阪府のUジャパンのように混雑することはまずありません。

ましてや平日であれば待ち時間基本ゼロ。上記の人気の絶叫マシンでも数回以内の待ちで乗れます。開園直後や昼食時間、そして閉園間際でしたら連続乗車も充分に可能です。

「フリーパス」で心置きなく楽しみましょう!